このブログについて というはてなブログ特有の記事について

f:id:aruku-hato:20170403062259j:plain

ブログでつらつらと自己紹介を描くのは苦手なはとです。こんにちはこんばんは

はてなブログをはじめておよそ2週間が経ちました。以前「ブログ初心者は先輩ブロガーの過去記事がお好き」なんて記事を書きましたが、2週間過ぎた今でも色々と過去記事を漁っています。中には開始1ヶ月で10000PV超えただとかとか今の自分では到底辿りつけない領域のブログもあって、自分のブログはいかに酷いのかなんて考えてしまったりしなかったり。

今回はそんな愚痴にも似たことを書くんじゃなかった。

多くのブログで共通するんですが、自己紹介の記事ってよくあるじゃないですか。あれが自分にとってはなんだか違和感があります。
というのも、自分は以外にもホームページ作成を割りと昔からやっていて、個人ホームページや日記みたいなブログの運営をやったりしていたこともあります。その際は、「このページについて」みたいな自己紹介ページはわざわざ別のページで作成するのが普通でした。
ですが、はてなブログにおいては9割くらいのブログで自己紹介エントリーやら免責事項エントリーやらがあるんですよね。

はてなブログのデフォルトの機能で、aboutページの編集ってのがあるんですが、なんでやろかーとちょっとした疑問が出たのでそれについて考えてみました。

自己紹介ページが量産されている理由を自分なりに考えた

先輩ブロガーが書いているから

初心者ブロガーは先輩ブロガーのページを舐めるように見てお手本にすると思います。
先輩ブロガーをお手本にするのが人気ブログへの近道だと自分でも思いますし、お手本にもしています! ありがとうございます。
んで、お手本にしているブログにだいたいあるのが自己紹介記事で、これなら自分も書かねばという意識がどこかで芽生えると思うんですよね。

まあ自分がそうなんですが。

先輩ブロガーが初心者だった頃に先輩ブロガーだったブログを参考にする。
そのパイセンが…と連鎖が続いた結果が現状に繋がっているのかななんて考察しました。

はてなブログ自体が悪い

はてなブログaboutページの編集への動線が非常にわかりづらい気もします。自分もどこで編集するんだろうとけっこう探した思い出があります。
それでいて、初期にみつけたとしても、自由記述で何も書かないうちにブログをはじめて、上記のように先輩ブロガーの様式にのっとって自己紹介エントリーを書くんじゃないかなあ。

書き込みモードもHTML・はてな記法Markdownと見たまま編集はありません。
それでいて、記事を書くときのような編集ページは一切ありません。
結構多そうな、見たまま編集をしている人にとってはハードルが高いとおもいます。

それに、aboutページ自体がどこから飛ぶのかがわからない場合もあるんじゃないかと。
デフォルトでは、サイドメニューのプロフィールアイコンとid名をクリックすると飛べます。
特に目立ったボタンやらリンクやらはありませんぜ!

aboutページ編集はどこ

そーれ!ダダダダダッ

f:id:aruku-hato:20170403062411p:plain

ここ! aboutページ編集!!!
ブログ設定の中にひっそりとあります。

編集方法がわかりづらい問題

自由記述欄という真っ白なフォームが立ちはだかります。
そこにはエントリーで書こうと思っていたことをそのまま書けばいいのです。

編集方法が大変わかりづらいですが、わからない場合は新しい記事を書くページで一度書いてコピーアンドペーストしたらいいと思います。

見たまま編集している人は左上にある「HTML編集を」選んで

f:id:aruku-hato:20170403062433p:plain

コピペをしたらいいと思いますよ!

f:id:aruku-hato:20170403062454p:plain

あと、マニアックな話ですがh1要素がないので、タイトルを自分で書き足すとちょっといいかもしれませんね。

最後に

あ、一番多いだろうと思う理由を書くのを忘れていました!

ネタが無いのでとりあえず書く

個人的にこれが一番多いんじゃないかと思っています。ブログを書くことって、結構なパワーを使いますよね。
特に毎日書くぞ〜なんて考えている人にとっては、ネタが無くて継続日数が途切れてしまうなんて時には飛びつきたいんじゃないでしょうか。
免責事項とかもここに書けばオッケーだと思うので、編集してみてはどうでしょう。
googleアドセンスを使うのに必須だった気がするメールアドレスも書き込む欄もあります。
ただ、ここに書くとリンクが貼られて迷惑メールが来る可能性も無きにしもあらず。

なんでそんなことを思ったかというとまさに今の自分がそうだから。
それに屈するのは悔しいので、aboutページを編集しようぜなんて記事を書いて濁した次第です。

ちなみに自分はろくなことを書いてませんけども。

最後の最後に

ブログはあなたのものですから、自己紹介記事を書くのも全然ありだと思います!

こんな記事なんて参考にしないで、自由にいけばいいのだ!

と、きちんと逃げ道を用意して終わりにします\(^o^)/

広告を非表示にする