読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お花見にピッタリなアルミの空き缶を手だけで潰す処理方法

f:id:aruku-hato:20170405061511j:plain

お酒の空き缶を積み上げる日々を送っているはとです。こんにちはこんばんは

缶に入っているお酒を飲むと必ず出てくるのが、アルミ缶邪魔すぎ問題。自分のように毎日発生させるジャンキーは少ないと思いますが、一日一缶飲んでいるだけでも邪魔になってきます。
この記事を書いている4月現在では花見のシーズンで、お花見の時にも同じように空き缶が発生してしまいます。それも大量に。
その邪魔くさいアルミ缶を手だけで簡単に潰していく小ネタを紹介したいと思います!

アルミ缶の潰し方手順

1.空き缶に斜めの線を4つ入れる

f:id:aruku-hato:20170405061218j:plain

上底と下底の間に45度ずらした線をペコペコと4本入れていきます。図で書くと以下のようになります

f:id:aruku-hato:20170405061240j:plain

4本線が付くんですが、最後の線は変な角度に失敗する可能性が高いです。
ですが、キレイに線をつける必要はありません。成功しても失敗行き先は同じゴミ箱です。思い切ってやりましょう。

2. 上底はは反時計周り、下底は時計回りにひねる

f:id:aruku-hato:20170405061253j:plain

手のひらをうまく使って絞りながら両面をくっつける気持ちで潰していきます。あらかじめつけた線に沿ってぐんにょりと潰れていきます。
ただ、この時に絞るチカラを入れ過ぎるとアルミ缶が裂けます。
アルミ缶を裂くネタとして披露してもいいですが、くれぐれも怪我をしないように気をつけて下さい。

もちろん、線を逆に入れた場合は逆にひねって下さい。

3. 潰れ具合に満足行かなかったら足で潰す

f:id:aruku-hato:20170405061304j:plain

手だけって言ったやんけ!と、ツッコミが入りそうですが。

手だけでも十分潰れるのですが、足で更にペチャンコにするとなんだか気持ちが良いだけです。
自分のようにフローリングの床で強引に足で潰す場合は、缶と床の間にタオルや雑巾、ダンボールなどを挟んで行わないと確実に床が傷付くので注意です。
真似したら床が傷ついたとかの責任は取れません\(^o^)/

350ml缶は簡単だけど、500ml缶は難しい

見出しの通りなんですが、この方法は500ml缶でやるのは難しいんですよね。斜めにずれてしまう可能性がたかいです。
500mlよりも350ml缶のほうが上底と下底間の高さが短く、潰す前につけた線もより鋭角になるので容易に潰れます。

f:id:aruku-hato:20170405061325j:plain

アルミ缶の潰し方手順項目3の足を使うなら、500ml缶は最初からオーソドックスな潰し方をするのも手です。
ペチャンコにしてやるのも気持ちいいです。

最後に

空き缶って意外とかさばりますよね。この一連の処理を行うと、ゴミ袋の無駄な空間が減ってより多く袋に入ります。お花見などの時は気分的にゴミが少なくなった気になります。
一袋がいつもよりもずっしりとした時、不思議な満足感が得られるかも知れません。自分だけかもしれません。

家飲みした時や花見の席で出た空き缶を使ってドヤ顔披露したら、ちょっとした注目を集められるかもしれなかったりしなかったりするかもしれなかったり。

空き缶は中を洗ってからゴミに出して下さいという注意書きを割りと無視してしまうはとでした。

広告を非表示にする