読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピザポテト販売休止に全俺が泣いた

f:id:aruku-hato:20170411034052j:plain

ポテトチップスの食い過ぎで10キロ太ったことがあるはとです。こんにちはこんばんは

4月10日に衝撃的なニュースが報じられましたね。ピザポテト販売休止ですって。他にも色々と販売休止や終了するらしいのですが、ピザポテトが前面に押し出されたタイトルの記事が多いので、この味に夢中な人が多いのかな。

台風が北海道に上陸したことによって、北海道のジャガイモに大打撃を与えた結果だということはもう皆さんご存知だと思います。昨年の夏の出来事なので正直全く覚えていないのですが、どうやら1周間で3つの台風が上陸したようです。

更にその後おかしな動きをした台風10号が、北海道の被害を更に深刻な被害を与えたようです。

台風10号 〜発生から消滅まで〜

自然て不思議だと思う一方、自分の世間への興味の無さや記憶の曖昧さにちょっとがっかりします。

ピザポテトの思ひで

小学生の2年生くらいだったかな。近所にスーパーやコンビニが無い地域に住んでいたのですが、ちょっと遠くにコンビニが開店して、そこに友達と3人くらいで軽い冒険へでかけました。そこで皆で持ち寄った少ないお小遣いでピザポテトを一袋買い、分け合って食べた時に皆で美味い美味いと騒ぎながら食べました。その子供ながらに衝撃的な出会いがあって、1ヶ月位毎週末にそのコンビニでピザポテトを買いに行くという、今となっては何が楽しいのかわからない遊びをしていた思い出があります。

そんな淡い思い出のせいもあってか、自分にとってはピザポテトはなんだか特別な食べ物になっているような気がします。どうでもいい話ですね。すいません\(^o^)/

販売が再開された場合容量が減ってそう

自分が子供時代のポテトチップスの容量は大体90g前後でした。それが原油価格の高騰による輸送費が掛かる影響やら材料費の高騰やらで、一袋あたりの値段を上げるか内容量を減らすかで結果的に容量現象していきました。最近では牛乳の容量が減ったりしていますねえ。

昔90gだったのが、今では60gのものが主流になっています。あれやこれやとその時の物価などに合わせて下がっているので、今回の大打撃で販売休止から復帰した時には更に内容量が下がっている気がします。世の中の慣れってのは不思議なもので、もう60gが当たり前になっています。一袋を食べきるってことの満足感が内容量のグラム数よりも優先されるのかななんて。個人的な考えですけどね。

お値段据え置きの企業努力だと言われたら、消費者は納得するしかないのですが、その値段は戻る日が来るのかというちょっとしたギモンもあります。

ピザポテト紛争は始まっている

こんな時に登場するのが、買い占め転売する人達。今回の一件でも既に登場していますよ。ニュース直後に見たamazonでの一箱の値段が、これを書いている今では2倍に跳ね上がっています。これに近いことが起こったのはペヤングソースやきそばのときでしょうか。ペヤングはゴキブリ混入というショッキングな出来事で営業停止したので、販売休止の理由が全く違いますが。その時にも転売価格が高騰しました。

値段のつり上がったものを買う人なんているのか、転売元は売り切れるのか。なんて思ったんですが、自分の想像出来ない購買層がいるから転売が成り立っているんですよね。たぶん。

転売してみようかな。なんて出来心でいまから調べたところで時既に遅し。初動が遅いようです。

最後に

ブログも転売も少し似たところがあるようで、『誰に需要があるかわからない』とか『世の中の動きに対する初動が早いほうが良い』とかあるかもしれません。取ってつけた一文です。

今日コンビニに行った時点ではまだピザポテトはありました。ですが、明日にはもう店頭からは消えているかもしれませんね。販売が再開されるのはおそらく秋くらいになると思われます。最後の思い出に一袋なんて思った人は早めの行動を。

ちなみに、一番ショックなのは九州しょうゆ味の販売終了です。美味かったのに

コチラからは以上でーす。

広告を非表示にする